オブジェクトサイズをまとめて変更する方法

QA_106_01.jpg

オブジェクトを複数選択した状態でスケール変更をかけた場合、それぞれのオブジェクトが各自のピボットを中心にスケーリングされます。

その結果、オブジェクト間の位置関係が変わってしまったり、各オブジェクトの配置をやり直す必要が出てきてしまいます。

QA_106_02.jpg


オブジェクト同士の位置関係を変えないままシーン全体のオブジェクトサイズをまとめて変更したい場合は、「グループ化」を活用してスケール変更を行うと便利です。


「グループ化」の利点


グループ化を行うと、複数のオブジェクトをひとつにまとめた「グループ」が作成されます。

グループはパソコンの「フォルダ」のような役割があり、複数のオブジェクトをグループ内に入れたり出したりして管理することもできます。

中のオブジェクトだけでなくグループ自体にも移動・回転・スケールの概念があるため、グループのスケールを変更することでグループ内のオブジェクトをまとめてサイズ変更できるようになります。

⇒グループにはピボットも存在するので、グループのピボットを中心にスケーリングが行われます。



グループ化を使用したサイズ変更の手順


①サイズ変更したいオブジェクトを全て選択します。
 選択にはアウトライナを使うと確認しやすくて便利です。
 (ウインドウ > アウトライナ)

QA_106_03.jpg


②編集 > グループ化 を実行してグループの作成を行います。
 (ショートカットは 「Ctrl」+「g」
 参考:【覚えるべき】Mayaの最重要ショートカット ベスト33【厳選】

QA_106_04.jpg


③作成したグループを選択した状態で、希望のサイズまでスケールを変更しましょう。
 グループは作業画面には表示されない存在なので、アウトライナから選択するのが良いです。

QA_106_05.jpg


④サイズを変更したら、最後にグループ化を解除して完成です。
 (グループを選択した状態で、編集 > グループ化解除)

QA_106_06.jpg


※グループを残しておきたい場合は④のグループ化解除はしなくても大丈夫です。


この記事へのコメント